網戸の張替 →→→2017/06/13 [Tuesday] 21:33
賃貸オーナーさんから網戸の張替の依頼を受けました。
外側から確認して上下破れているの確認しました。



当店は基本網戸の張替は持ち帰ります。
網戸の専門職が集荷に来て、約3日ほどで戻ってきます。
現在まとまった現場分の網戸張替が無いので、当店で張替を行います。

平坦な場所に養生を敷き、まわりの押さえゴムを外し、網を取り除きます。
押さえゴムがまだ使えるので、清掃し再利用します。
網はグレーの同等品を使います。
ロールを上に敷き、僕は右利きなので時計回りに施工します。
押さえゴムを右端5cm程、左5cm程一時的に仮止めしてから
その間の押さえゴムを取り付けていきます。
次の辺も同じように施工します。
3辺目と4辺目は少し手のひらで引っ張りながら押さえゴムを取り付けます。
こうするとピンピンに強く張ることができます。
余分なネットをカットして完成です。
現場に納品し上部の外れ止めを取付け完了しました。

今回は網戸ネットと網戸ローラーと養生とヘラを使いました。
DIYでされる方で押さえゴムを新調される場合、太さに数種類あるのでご注意ください。
既存のゴムを少し切ってホームセンターで同じ太さの物を選択されると良いかと思います。
当店で網戸張替を御依頼の場合、幅950まで高さ1500までのサイズで3000円+諸経費となります。
comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
土間CF貼替 →→→2017/06/12 [Monday] 14:07
グリーンタウンの土間のCFを貼替えてきました。
土間なので店舗用を使います。
店舗用と言っても「土足OKですよ」という商品です。
家庭用(靴を履かない場所のCF)、店舗用(靴を履いたままの場所のCF)
と大まかにわけると、2種類です。



今回はサンゲツのサンドストーン(CM-1242)です。
長い間継続柄で人気があります。実はドイツ製です。
グリーンタウンだけで5件ほどこの柄施工してます。


既存のCFをスクレーパーでめくっていきます。
「TOYO LINOLEUM」と書いてあります。
床材の総合メーカー東洋リノリユーム、
国産初のリノリュームを製造していた会社です。
1991年に「東リ」になりました。
お客さんは「東レ」と言われる方が多いです。
あの有名な東リパネルクイズアタック25の「東リ」です。
現在は、カーテン、カーペット、壁紙、ラグ、接着剤等のメーカーです。
室内装飾店の商品では、見ない日はないくらい有名なメーカーです。

凹みや割れがないのでパテ不要でした。接着材塗って施工します。
立ち上がりもあるので、柄が合うように計算して貼ります。

グリーンタウンでこの商品を使用した場合、16,000円前後です。
CFの貼替は吉田装飾にご相談ください。
comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
網戸部品の取替 →→→2017/06/11 [Sunday] 16:51
管理会社から依頼で賃貸マンションの網戸部品の交換をしました。
行ってみないとわからないのですが、
コレかも?という部品を用意して持っていきました。

現地に着くと、正解でした。
紫外線でパキパキに割れていました。
南面網戸2枚分取替。



網戸はずれ止めWR3990ZN、
不二サッシリニューアルで部品1個500円で売ってます。
comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
万博の腐葉土 →→→2017/06/10 [Saturday] 12:00
先日、万博の日本庭園で蛍を見て思い出しました。
去年1袋余って保管していた事を。
万博公園で生産されたエコ堆肥です。


家の三角コーナー今年は何も植えなかったので、
猫のトイレになってしまって大変でした。
新しく土入れ直し、ゼラニウムストロングを植えました。
強そうな名前で三角コーナーを守ってくれそうです。
もっと強く成るんだゾ!っと願う。

これは去年エコ堆肥を混ぜたクレマチス5/8撮影です。


先日行った「蛍の夕べ」について。
今年は6/11(日)までです。
日本庭園西地区でゲンジボタルとヘイケボタルが見れます。

19時半前くらいから少しづつ蛍が見れました。
黄緑の綺麗な光でゆっくり光るものや早く点滅する蛍もいました。
昔は山に見に行ったのですが、近場で見れるのもいいですね。

帰りに日本庭園の売店でソフトクリームを食べました。
子供も一緒に行ったのですが蛍よりのソフトクリームが印象に
残ったと思います。
自分は、さくらもち味が印象に残りました。とても美味しい。
おすすめですよ。
comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
曲げレール取替 →→→2017/06/09 [Friday] 21:28
眼科の間仕切りカーテンのレールの取替工事を行いました。

既存レールはランナーの通る道が広がり脱落しやすくなっています。
脱落しないように、今回は断面がI型のレール(TOSOセルフィ)に取替えます。

I型だと現場で壁の曲線を見ながら曲げることができます。
I型ではない場合は、型紙を使ったりR寸法を測ったりしてメーカーに発注する事になります。
その場合日数がかかってしまいます。

どのように曲げるかというと、
親指を支点に少しづつまげながら大きいRを作っていきます。
1回目は少し曲がったかなという程度です。
何往復かします。
徐々に壁と同じRになっていきます。

一度で曲げようとすると、ぐにゃぐにゃのRになります。

↓↓完成しました。↓↓



TOSOのセルフィは間仕切り以外に、出窓でもよく使われている商品です。

出窓の場合は、カーブベンダー等を使って一気に曲げます。
出窓のレールの「取付・取替」は吉田装飾にご相談ください。
comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<<<<< 2018年12月 >>>>>